小野登志郎のブログ

出版・ウェブの制作会社(株)小野プロダクション代表で、ノンフィクション・ライターの小野登志郎です。徒然にゆる~く書いていけたらと思ってます。

カテゴリ: アメリカの芸能関連

・ディズニー戦略が生みだす「永遠の若さ」というひずみ

 さて、ディズニー社はテーマパーク経営、ディズニー映画の制作がもちろんよく知られてますが、アメリカではABC、ESPN他、子供向け放送局のDisney Channel、Radio Disney、レコード会社も保有するマルチメディア企業。ですが、私はディズニー社は単なる企業というより、王族の居ないアメリカの「夢の王国」でもあるような気がしています(このあたりにSMエンターテインメント社も倣っているところがありそうですね)。

 それはディズニーの制作物、アイドル戦略に端的に現れている気がします。前回も少し書いていますが、子供向けのプログラムでは性的表現、暴力などを極力排除した「安全な」番組を制作することは基本です。なかには、子守がわりにテレビをつけておくという親も居るアメリカですから、「ディズニーチャンネル見てるなら、とりあえず安心」みたいな感覚も根強い。

 もちろんディズニーチャンネルの放送する番組でも悪ガキ的なキャラクターも登場します。でも、ここがポイントなのですが、劇中、悪っぽいキャラクターを演じていても、普段は「品行方正」というイメージがディズニーアイドルの共通項。私生活でもクリーンで道徳的な、ロールモデルであることがお約束です。私生活すら、「演じ」なくてはならない。彼らには二重のタガがかけられているとも言えます。

 そしてモラルとともにディズニー王国の打ち出すもうひとつの大きなメッセージが、「若さの圧倒的な価値」。番組をとおして繰り返し伝えられる「青春のきらめき」。主人公は老いや死とは基本的に無関係です。アイドルたちはいつも若く、溌剌として美しい。この永遠の若さへの希求という部分に、でも「使い捨てアイドル」たちが成立していきます。まるで、マンガのキャラクターのようにディズニーチャンネルの番組に次々に登場する「新しいキャラクター」達。その分古くなったおもちゃを捨てる感覚で捨てられていくアイドル達もいるわけです。

 こうやって消費されていくアイドルのなかには、ディズニー社の品行方正イメージと本当の自分の姿のギャップに傷つき、摂食障害や自傷行為に陥って番組を降板したアイドルも居れば、しみついたディズニー臭からなかなか脱皮できずに苦しむ脱退組も実は多い。ディズニー王国の外側では、そのブランド力が仇になってしまうのですね。それは、彼らの提供する娯楽が「子供に特化していること」そして、一般的に大人は子供向けに対し「リアルでない」と判断すること。「ティーン・ポップは本当に使い捨て」と一般的にもよく言われています。

 じゃあ、なぜこれが許されているのか? 

 ディズニードラマを見ていたら、答えがそこにあることに気づかされます。ドラマの中にはティーンエイジャーの主人公の親や、学校の教師として中年の男女が割合頻繁に登場するのですが、中高年の役回りはほぼ100%「笑い」の対象です。リスペクトもなければ、年老いることは「かわいそうで、面白い」(ヒドイです。オバサンちょっとムカつきました……)。 

 この点、ディズニー王国は実に忠実に外の世界の価値観を反映してもいます。永遠の若さの夢、それは米国人が常に追い求めるものでもあるからです。子供の世界を脱出して大人の「リアル」、成熟を標榜するものの、結局バイアグラとシワ取りに汲々とする米国人。ディズニー社は米国人の価値観に非常に深く食い込んでいる、と私は考えます。

 24歳になったジョナス・ブラザースの長兄ケヴィンは、この秋から放送の「Married to Jonas」というリアリティー番組で、今度は自分の結婚生活を暴露する模様です。果たして彼の「リアル」は「童貞幻想」を超えられるか? 一体どんな結婚生活なんでしょうか。ケヴィンは本当はカエルだったのか?「持続可能」なアイドルとして彼がやっていけるかどうか、が見所でしょうか……。

 おとぎ話のカエルの王子様はプリンセスのキスで王子にもどりますが、ディズニーのライバル会社「ドリームワークス」製作の人気アニメ『シュレック』では王族の本当のアイデンティティーこそがカエル、なんですよね(笑)。
(了)


ライター 内藤茗(ないとう・めい)
米国在住。ポップカルチャー全般が好きな二児の母&学生。
趣味:オタクの生態観察とつべめぐり。英-日翻訳者。

(有料メルマガ
http://www.mag2.com/m/0001552211.html 2012年8月30日号にに掲載した記事です)

・アメリカンアイドルたちの「処女幻想」と「童貞幻想」

 こちらは涼しくなってきましたが、ニッポンは色々と「熱い」みたいですね?

 SMエンターテインメント社とディズニー社のアイドル達について比較してみよう! と考えてたら、先日書いた中でちらっと出てきたジョナス・ブラザースについて思い出しました。それは彼らが『童貞王子様』だった事なんですが、興味あります? ふふふ。

 ですので、『王子様の童貞ごっこ-ファンガールに愛の花束を』というタイトルで今回は行ってみたいと思います。

 2008年、『Purity Ring』事件は発生しました。日本で報道されましたか? 2005年デビューのディズニー社のボーイバンド、ジョナス・ブラザース。その頃人気絶頂の彼らが、自分たちの「純潔」を象徴する指輪を身に付け、それをコンサートやメディアで告白しちゃった。王子様は童貞、です。

 もちろん米国はクリスチャン国家なので童貞も処女と同じく大切なものだから、できるだけ取っておけばいいんじゃない、という意見も普通にあります。第一、言葉も男女共通に「virgin」ですし。童貞に対してそれほどにネガティブなイメージは無い。宗教的な価値観から、処女性と結婚、結婚とセックスと愛、これらの乖離は日本のようには進んでいないということも有ります。

 また童貞カミングアウトの前段として、ブリトニー・スピアーズやらクリスティナ・アギレラなどによる「処女宣言」ブームが有ったことは確かです。長らく「性の解放」という一方向に向かってきたアメリカ。性行為の経験年齢がどんどん下がり、十代の妊娠、性行為感染症が非常に増えた、そのようなネガティブな現象に対しての反動として、クリスチャン右派が保守的な性と結婚への価値観を打ち出す。アメリカは9/11後、「安全は自由に勝る」という言葉どおり、保守的な方向に向かっていきましたし。そしてジョナス兄弟の家庭の宗教はエバンジェリカルという、プロテスタントのなかでも、強力に保守的な一派です。

 とまれ、ジョナス兄弟が左手薬指につけた指輪はプリ・ティーン、ローティーンの少女たちと、保守的な母親層には強烈にアピールしたのでした。純潔の伝道師ジョナス・ブラザースのコンサートはお高く、キャラクター提携のジュニアファッションライン、キャラクター文具などの商品も消耗品としてはお安くはない。もちろんリング自体も流行りまくり。これでモラルや安心が買えるならお安いもの? でも、これが成立するためにはひとつの前提が必要でした。

 それは、実は彼らこそ「性的な幻想を売る存在であった」という事実ですね。要するに、もし彼らが年若い女の子達に対してセックスアピールを放つアイドルという存在でなければ、「童貞だろうがなんだろうが、どうぞご勝手に」と言われてしまうだけじゃないですか? 童貞なんて、超個人的なことをなんでわざわざ表で言う必要があるの? と、こう暴いてしまったのが、過激アニメ番組で有名な『サウス・パーク』です。

 このサウスパークの『ザ・リング』エピソードを簡単にかいつまんで言うと、主人公のケニーは同級生の女の子とヤリたい。女の子を「ソノ気」にさせるには、アレしかない! と、一生懸命苦労してジョナスコンサートのチケットを取り、コンサートデートへ。彼女をジョナスでコーフンさせたらドーテー捨てられるかな、ヤレるかなと激しく期待。しかし期待は見事はずれる。『純潔リング』が登場しちゃったからなのだった、ちゃんちゃん、というお話です(笑)。

 ジョナスファンガール、と呼ばれた少女たちがいました。いわゆる一般の少女ファンとは一線を引かれた熱狂的ファンの彼女たちの特徴は「ブサイクでデブ」。一昔前のジャニヲタがそんな風に言われてましたよね? たぶん、いや絶対に処女、とメディアにもからかわれている。日本に比べ、一般的にはやはり早熟なアメリカのティーンエイジャーですから、処女の価値をいくら大人が認めても、やはり「処女=モテない」というプレッシャーは大きい。

 そこに降臨した救世主が「童貞」の王子様だったわけです。超人気者のイケメンアイドルが売る極めてクリーンな性的幻想は「Too good to be true…」(素晴らしすぎてありえない)。そう揶揄されてはいたのですが、あくる年、2009年には長兄ケヴィンが電撃婚約、続いて次兄ジョーがアシュリー・グリーン(トワイライト女優)とロマンス報道、それはやっぱりありえなかった、と気づかされた少女たち……。

 必要かつ真実だったのは、あくまでも少女たちの性的興奮剤としての彼ら(つまり消費の動機づけ)、かつ少女たちの「処女性」(つまり、親の財布の紐を緩めるための理由)であって、本当に彼らの「童貞性」なんて気にしていたのはファンガールだけだったのかもしれません。今でも時々見かけます。本当に裏切られた気分だった、と元ファンのジョナスゴシップ記事に対する書き込みにはあります。

 彼らの人気はこの2008年を頂点に2009年以降は下がり始めました。彼らも人間ですから、恋愛もするでしょうし、大人になっていく。いつまでも「童貞王子」でいられなかったという「リアル」な現実。そしてこの「童貞ごっこ」によって「ボーイバンドは大人には向かない」という、北米市場における予定調和のようなサンプル事例になってしまったんじゃないか、と思うんですよね(しかもこのあと、アメリカには空前の「ティーンマム」(ティーンエイジャーママ)ブームが来ちゃいますし)。
(つづく)

■ライター 内藤茗(ないとう・めい)
米国在住。ポップカルチャー全般が好きな二児の母&学生。
趣味:オタクの生態観察とつべめぐり。英-日翻訳者。

(有料メルマガ
http://www.mag2.com/m/0001552211.html 2012年8月30日号に掲載した記事です)

■アメリカ在住のライター、内藤茗さんからのお手紙です。今後、可能な範囲で往信していきたいと思います。


 
 小野さん、お元気でいらっしゃいますか? お腹出して寝てませんか? 寝冷えしないように、可愛い腹巻、イマドキ男子の必需品ですからネ(笑)。

 この2ヶ月くらいに渡り、J-POPやK-POPのこれからを考える上で、アメリカンポップ界にちょっと面白いことが起こっていますよ。

 それはズバリ「ボーイバンドの復活、オタクマーケティングと魔法の数字」です。

 ここ数年、たぶん10年近くに渡り、北米ポップアイドル界は女性なら、ガガやケイティ・ペリー、男性ならアダム・ランバートなど、ソロ歌手の活躍が目立っていました。一時は全盛を誇ったボーイズグループのファン層が低年齢化して、ミドルティーン、ハイティーンを惹きつけるに至らなくなったのは、ジョナス・ブラザースあたりからかなと思います。8歳から12歳くらいまでのプリ・ティーン市場で少女たちの圧倒的な人気を獲得していたジョナス・ブラザースの人気が冷え込んでからは、ここ数年、本格的な後続ボーイズグループも出ず、「ボーイバンドは死んだ」とも言われていたくらいです。モンキーズを生んだボーイバンドの元祖とも言えるアメリカポップ界でボーイバンドが死に絶えてしまったかも?

 それが2010年から2011年にかけてK-POP勢が侵入を始めた後に、雰囲気は変わってきたように思えます。まず、K-POPのボーイバンドを外見だけコピーしたかのような、Heart2Heartというグループが2011年頃から活動を始めますが、「これは、ゲイ・ポップだ」だとか「女の私より沢山化粧品使ってる」とか、野次ばかりが多く、まともに相手にされませんでした。

 最初に断っておかなければいけないことは、とりあえず北米では、ポップミュージック市場に限らず大人と子供の消費者市場にはかなりはっきりとした線引きがあるということ。映画のコード分類等を見てもわかりますが、あきらかな「性」や「暴力」などが子供市場から積極的に排除されます。

 ポップミュージック市場において、ボーイズグループの属性というのはどちらかと言えば、「お子様むけ」であり、日本のように30代以上の熟年女性がボーイズグループの購買層の中心帯を形成する等ということは、まあ考えられません。子供たちは大人になる過程で、これらの「シュガーポップ」を捨てていきます。ちょうど可愛らしい熊のぬいぐるみを捨てるように。ハイティーンになった子供を「大人になったね」とからかうのに、昔聞いていたボーイズグループのCDを引っ張り出せば、彼ら、彼女らはとんでもなく恥ずかしがります。

 そんなふうに恥として捨てられていくアイドルたち。日本で生まれて育って、日本的なアイドル鑑賞に慣れている自分からしたら、「もったいない」「つまらない」と思うわけですが、それが北米アイドル市場の在り方と言ってしまえばそうなのです。

 さて、そのボーイバンドの復権ですが、現在三つ巴の大乱戦です。まずは、今年2月頃「The Wanted(ジ・ウォンテッド))という英国、アイルランド混成の5人組から攻勢は始まりました。オーディションで選ばれた彼らは、ボーイズグループとしては、ちょっと大人めな19歳から24歳まで(平均年齢22歳)のグループ。2010年のデビューから昨年にかけては、主にに英国が拠点のグループだったのですが、今年からの全米ツアー開始とともにじりじりとチャートを上ってくるようになりました。革ジャンや、黒、グレー基調の衣装に包まれたメンズモデルっぽいセクシーな容姿と大人っぽいサウンド、ちょっと不良っぽいイメージに男らしいヴォーカルは一時期不毛だったハイティーン市場に殴り込みをかける勢いがあります。

 その後に続いたのが5月後半に全米デビューの「One Direction(ワン・ダイレクション、 通称1D)」です。こちらも英国出身の5人組。年齢は「The Wanted」より低くなって18歳から20歳まで。平均年齢19歳の彼らは打って変わって可愛らしい容貌が売りのグループ。とはいえ「X-Factor」というオーディション番組をそれぞれ単独で勝ち抜いた5人は、とにかく歌が上手い。ダンスはまあまあという評判ですが。キャッチーな楽曲にも恵まれ、全米デビューアルバムが初登場1位をビルボードで記録したのはもちろん、特筆すべきなのは彼らのツアーDVDの売上げが凄まじい。つまりビジュアルにもかなり力点有りという事です。爽やかで、普通に可愛らしく、あまり男オトコした感じのないスタイリング。日本の女の子からも、かなり食いつきが良さそうで、そろそろあちこちで火の手が上がっているようですね。  

 彼らのマーケティング手法は、かなり面白い。まず、デビューまもなくから、書籍を3冊続けて刊行。彼らについての「バイブル」をファンに持たせることに成功しています。

 強調したいのは、彼らのファンダム。これがまた凄いのです! 現象を起こしつつあります。大きく分けて、今2種類のファンが認知されているのですが、ひとつは「ダイレクショナー」という名称で、彼らの最初からの古参のファンである事がまずひとつの条件。そして音楽性の高い、グループとしての彼らを深く愛し抜く、という掟めいたものが存在するらしい。

 それに対する「ダイレクショネイター」。こちらは新規ファンをまず指します。またグループの中の誰かを「醜い」、「歌が下手くそ」と貶すようなファンあるいはメンバーの集合体として彼らを愛するのでなく、彼らの中のだれかひとり或いは数名の「容姿」などにしか興味のない「浅い」ファンを指す。これにはかなりの軽蔑感情が含まれるようです。もちろんファンたるもの「ダイレクショナー」が正統、というわけですが、何かかなりのオタク度の高さじゃないですか、これは。


 また彼らには既にメンバー同士のカップリングを題材にしたファンフィクション(FF)も沢山書かれているみたいで、最近増えつつあると言われるアメリカの腐女子購買層に、かなりがっつりと食い込んでいるところも、今までの欧米系ボーイバンドとは1線を画したオタクっぽさですね。でも、よく考えるとこれってジャニーズやK-POPのボーイズグループでは既に常識になっている手法ではないですか(笑)。 

 ですが、一生懸命参入を試みている肝心のK-POPのボーイズグループは子供マーケットか大人マーケットかの戦略策定が傍目にも難しく、しかも外国人歌手には言葉の壁と人種の壁が存在します。差別だなんだと言う前に人間の生理として、我われは自分たちに姿かたちが似ているという事実を無意識に好みます。アーティスト、というハードを輸出しようとするK-POPの北米上陸には、目に見える彼らの姿形、「人種」はやはりかなりのハードルかもしれません。そしてK-POPが進出に手こずるように見えているうちに、十八番の筈のオタク的マーケティング手法そのものはワンダイレクションとともに北米に上陸してしまった、という感じがします。なにせ、1Dのレーベルはソニー・ミュージックでも有りますし。

 そして、最後に「来てる」のが「IM5(アイムファイブ))です。彼らはワンダイレクションよりも更に若い14歳から17歳までの5人組。あの、セレブブロガー&音楽ジャーナリストとして有名なペレス・ヒルトンとアメリカンアイドルのサイモン・フラー、ジェイミー・キングによる企画ものです! 

 まだまだ新しいので、資料もろくに揃っていません。ですから人気のほどは、数字の上では未知数です。ですが、YouTubeには既にかなりの数の動画が上がっています。彼ら自身による自己紹介や、練習の様子、他アーティストのカバー曲、オフショット動画などが普通に見られる。

 実は私も何の予備知識もなく、「ねえ、この新しいボーイバンドダンス結構うまいよ」などと娘がいうので見てみたわけなんですが。「ダンス出来るじゃん」と。アメリカのポップアーティストの「ダンスのできなさ」にこのところ慣れすぎて、ダンスはK-POPと決め込んでいた私は半信半疑でしたが、なんとかなり踊れるではないか!

 1年ほど前から全米をオーディション行脚して発掘、5色の異なった音楽的才能、文化背景、個性が集まったグループが売り。そしてダンスがとにかくハイレベル。1年以上の訓練期間を積んできたようです。なのでデビュー前にかなり音楽、ダンス技術などは「作りこんで」ある感じです。ただどちらかというと見た目は、そこらへんにいる普通のティーンエイジャーという感じで、あまり洗練された感じは見えません。ぶさかわ系というか(失礼ですよね、私)。

 ただ、ここで思ったのは、北米市場においてはたかが「オモチャ」であった筈のボーイバンドに対して、デビュー前にこれだけの訓練、作り込みをする方式は、もしやまたもやK-POPの影響によるもの? しかも、本格デビュー前から完全なるYouTube世代であるティーンエイジャーの取り込みを促すように、かなりの本数のカジュアルな動画が動画サイトで流される。

 ペレス・ヒルトンは、K-POPを愛好していることでもよく知られていますし、今だと、芸能界のご意見番みたいな位置に居ます。彼に気に入られないと人気も出ない。彼はそれこそ、K-POPアイドルの「作り方」なんかももちろん知っているものと想像できるのですが、それを踏まえて企画されたこのグループはどう受け入れられていくのかな? 訓練して完成させるだけではなく、その様子を公開するというのは、もしかしたら「育てる」事を好むJ-POPの手法も取り入れるということなのかも。

 そして、偶然なんでしょうか、それとも必然かしら……。彼らは全て5人組であるということなのです。5はアイドルグループの魔法の数字と昔からよく言われますよね。SMAP、嵐、Back Street Boys、スパイスガールズ、KARA。いろいろ思い浮かびます。

 とりあえずこの乱戦は1歩先の「現象」を手に入れつつある1Dことワンダイレクションが、頭一つ抜け出ている状況でしょうか。とにかく、久しぶりにポップ市場に帰ってきた、この3つのボーイバンドから今目が離せない状態なのです!


ライター 内藤茗(ないとう・めい)
米国在住。ポップカルチャー全般が好きな二児の母&学生。
趣味:オタクの生態観察とつべめぐり。英-日翻訳者。

(有料メルマガ
http://www.mag2.com/m/0001552211.html に掲載した記事です)

このページのトップヘ