小野登志郎のブログ

出版・ウェブの制作会社(株)小野プロダクション代表で、ノンフィクション・ライターの小野登志郎です。徒然にゆる~く書いていけたらと思ってます。

カテゴリ: 小野登志郎のチャンネル

 興味深い記事がヤフトピにアップされていました。

 


『有料メルマガをやめました 我が動員とマネタイズ敗北宣言 - 常見陽平』 アゴラ 5月4日(土)10時41分配信

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130504-00010000-agora-soi

 

 

 まず驚いたのは、常見陽平さんですらメルマガ読者は数十人ということ。自慢ではないですが、わたしのメルマガ読者はもうちょっといます。ネットで有名な常見さんより多くて「やったー」と思ってしまいました。でもわたしの場合、知り合いの編集者や記者を軒並み動員しての読者数なので(そしてなにより東方神起とJYJファンの方々)、あんまり威張れない数字です。その辺のあれやこれやを恥をしのんで「敗北宣言」でさらけ出して、さらにはそれをネタにできる勇気ある常見さん、素晴らしいですね。

 

 これは嫌みではありません。この記事には常見さんだけではない有料メルマガを発行している人間の本音が書かれていると思ったからです。わたしも「そうだよなぁ」と共感してしまう部分、とても多かったです。

 

 ホリエモンや津田大介氏など一部の方を除いて、有料メルマガはその労力と時間を考えればだいたいが赤字でしょう。他にコストパフォーマンスの良い仕事があれば、そちらを優先せざるを得ない。常見さんの決断は、人一倍仕事が多いライターさんだから、という面がありますね。まあ、だから恥をかける余裕があるわけです。さすがです。

 

 で、常見さんは「有料」は辞めるけど「無料」は続けると言う。そもそも有料でなければ常見さんの読者はたくさん存在するでしょうからそれは当然でしょう。また、ライターにとってメルマガ発行の面白さというのは、有料であろうが無料であろうが確かにあるのですからね。

 

 個人的にも常見さんの文章は結構好きで、なるほどぉと思うことしばしばなのですが、やはり彼は、ホリエモンや津田氏に比べればキャラが立っていないですね。だから有料で勝てない。自分で自分のキャラを煽り上げないと、そしてそれに成功しないと読者は買ってくれないわけです。芸人と同じです。俗に言う「セルフプロデュース力」が問われたのですね。

 

「ネットでセルフ・プロデュースしてるライター、気持ち悪いんだよね」なんて言う編集者、結構います。確かに気持ち悪いです。ですが、多かれ少なかれ個々のライターがそうせざるを得ない環境にあるのもまた事実なのですね。常見さんはウェブにおけるセルフプロデュース上級者の一人だと思うのですが、その「敗北宣言」は、後発組ウェブライターのわたしとしては、いろんな意味で興味深いものでした。

 

 で、わたしは有料メルマガ続けます。常見さんとはまた違った環境にあるからですし、まだ一年も続けてないのに辞めるわけにはいきませんし。もうちょっと様子見してみて、自分自身の体験として「過渡期」とやらを感じてみたい、というものもありますから。

 

 でも読者数が数十人になってしまったら……、やっぱり辞めると思いますね。なので、そうならないよう、いろいろ試していかなければと考え込んでいます。

▼第24号
----------
                       2012/12/13
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ノンフィクション・ライター小野登志郎のメールマガジン
    ~牡羊座が見たディープな出来事とスターたち~

Vol.24

毎週木曜日発行
───────────────────────────────────
【今週の目次】

1.  【元祖「半グレ」おじさんたちのやっぱり奇妙な生態について】
     家出女性を助けて労働争議
     アジールと化した「おやじ」の家
2.  【わたしが出会った北朝鮮人】  
  密売される恐竜の化石    
3.  【北米からの手紙】(内藤茗)
  息子は母を殺そうとして、殺しきれず、また守ろうとして守りきれない。
  母は息子に殺され、そして救われもする。(あるいはそのどちらでもない)
4.  【脱・台湾親日論の彼方へ】(松野幸志)
  低税国家・台湾とは  
5.  【建築、よもやま言いたい砲題】(松田健嗣)  
6.  【逃げるが果報】(横山茂彦)
7.  【オムニバス小説 あわいの小骨】(伊藤螺子)
  お休みです。
8.  【東方神起とJYJについて 来年1月18日東京地裁判決後の予測】
9.  【史上最大規模の「チーム男子」犯罪としての6億円強奪事件】(高橋ユキ)
10.【編集後記】 

ご購読はこちらからお願いいたします→
http://www.mag2.com/m/0001552211.html

▼第18号
----------
                       2012/11/01
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ノンフィクション・ライター小野登志郎のメールマガジン
    ~牡羊座が見たディープな出来事とスターたち~

Vol.18

毎週木曜日発行
───────────────────────────────────
【今週の目次】

1.  【オウム真理教教祖麻原彰晃の唱えた“ヴァジラヤーナ”とは何か1】
  麻原彰晃自身への絶対的帰依を強調した初期の“ヴァジュラヤーナ”    
2.  【わたしが出会った北朝鮮人】  
3.  【北米からの手紙 腐女子の黄金をねらえ!?2】(内藤茗)
4.  【脱・台湾親日論の彼方へ】(松野幸志)
5.  【建築、よもやま言いたい砲題】(松田健嗣)
     建築における「civilization」という言葉の特殊な用法1
6.  【南町同心書留──武田家再興計画】(横山茂彦)
7.  【オムニバス小説 あわいの小骨】(伊藤螺子)
  第15回『ホームラン』
8.  【東方神起とJYJについて】 エイベックス阿南氏の質疑応答
9.  【ニュースの“女帝”と都知事選】
10.【編集後記】

 ご購読はこちらからお願いいたします→
http://www.mag2.com/m/0001552211.html

https://www.youtube.com/watch?v=bjWF1yGXWPM

「この映像は、中朝国境の町丹東から撮影されたものである。対岸の北朝鮮・新義州を観察していた撮影者は、北朝鮮のヘリコプターの姿を捉えた。そして上昇して行くヘリコプターを追っていくと、そのヘリコプターから何かが飛び出すのがみえた。しばらくするとそれは宮中で花開いた。それは何とパラシュートであった。中朝国境地帯で北朝鮮はパラシュート降下の訓練をしていたのだ。そのパラシュートはカラフルでまるでスカイダイビングをしているようだった。

 北朝鮮から脱北した軍関係者に聞いたところでは、これは軍隊の運動部門が行うスポーツの一種であるということだった。

 それにしても、北朝鮮で"スカイダイビング"を見るとは思わなかったと撮影者は語っていた」
https://www.youtube.com/watch?v=bjWF1yGXWPM

https://www.youtube.com/watch?v=9Zzq7ALOLe8

「北朝鮮、脱北サバイバルおやじの山中生活

 2005年、撮影者である浪城は、吉林省延辺朝鮮族自治州の山中に潜む脱北者との接触に成功した。彼は50代のおやじで、北朝鮮を脱北して中国で働いていたが、脱北者であることがバレ、中国公安と北朝鮮国家保衛部の追手の追跡を受けた。彼は延辺の親戚の援助で、山中に小屋を建て、そこで一人で暮らしていた。彼は自力でこの小屋を建てたという。食料は米、野菜などは1月に1回親戚が補給してくれるという。彼は小屋にオンドルを造り、枯れ木を薪にして食事を造り、暖を取っていた。おやじはここに地下貯蔵室を造り、キムチまで造っていた。そのサバイバル能力はずば抜けていた。

 こうした、山中に小屋を造りそこに潜んでいる脱北者は他にも居ると、このおやじは話していた。こんな生活でも北朝鮮での生活に比べたら遥かに良いとおやじは言っていたという。

 北朝鮮からの脱北者の生命力の強さは常々感じていたが、その中でもこのおやじの生命力は並みではなかった。このおやじは、この小屋に潜みながら、脱北マフイアの手先となり、脱北ビジネスで金を稼いでいると言っていた。それで金を貯め,金が貯まったら、北朝鮮にいる妻子を脱北させ、韓国に行くそうである。その後の消息は知れないが、あのおやじのことだから無事に韓国に渡ったと信じている」
https://www.youtube.com/watch?v=9Zzq7ALOLe8

このページのトップヘ