小野登志郎のブログ

出版・ウェブの制作会社(株)小野プロダクション代表で、ノンフィクション・ライターの小野登志郎です。徒然にゆる~く書いていけたらと思ってます。

カテゴリ: 芸能情報

 ところで、さっきから当たり前のように五人の名前を連呼しているが、読者の方は五人の姿がちゃんと思い浮かんでいるのだろうか。五人のファンの方はもちろん、鮮明にと言うほかないくらい彼らの姿が浮かぶだろう。でも、東方神起という名前は知っているけれど、メンバーの顔とかはよくわからない、という人もいるかもしれない。実はわたしがそうだった。ほんの一年半ほど前まで、わたしは五人の名前も、どれが誰かなのかも全くわからなかった。というよりも、五人とも同じ顔に見えて、判別できなかった。よく、異なる人種の顔は見慣れていないので判別しにくいというが、「イケメン」という人種と接する機会の少ないわたしとしては、「イケメン」はあくまでも「イケメン」で、みんなおんなじなのだった。そこでまずは、彼らの立ち位置で名前を「照合」することにした。

「真ん中はジェジュン、その右隣は……」

 というように。彼らのデビュー当初からのファンたちは、わたしが映像を見ながら「彼はジュンス」と当てると、「よくできました!」と、からかいながら褒めてくれたりもした。ただ、立ち位置はときどき変わるし、そもそもアップの写真とか映像では「照合」できないので、覚えるのを諦めかけた。しかし、不思議なことに、覚えるのを諦めると、彼らの仕草や声、バラエティ番組で見せる「持ちネタ」などから、五人の姿と名前が判別できるようになっていった。要するに、わたしはいつのまにか、東方神起にはまっていたのだ。

 わたしが彼らに興味を持った時、その時は既に彼らは「分裂」していた。分裂していたどころか、一方のグループJYJは、エイベックスと激しく争っていたのである。

 韓国のJYJの代理人イム・サンヒョク氏は、東京地裁に提出された2012年6月16日付けの陳述書において、下記のような記述をしている。

「1 本件専属契約を締結した経緯について

(1)当職は、C-Jesの代表者であるペク・チャンジュ及びJYJの3人から、エイベックスとの間で、JYJの日本におけるアーティスト活動に関するマネジメント契約を締結することになったので、C-Jesの代理人としてエイベックスとの交渉を行って欲しいと頼まれ、2009年12月16日、エイベックス側の人達(エイベックス経営企画室取締役の阿南雅浩及び韓国人スタッフのペク・スンジン、エイベックスの法律代理人である日本TMI法律事務所1のチョ・キィチャン担当弁護士)と会い、契約の内容について、最初の打ち合わせを行いました。それ以後は、メールで契約内容を詰める作業を行い、2010年2月26日、エイベックスとC-Jesとの間のJYJの日本におけるアーティスト活動に関する専属契約(以下、「本件専属契約」と言います。)を締結することとなりました」

 2009年12月16日はもちろん、2010年2月26日にも、わたしは彼らのことをほとんど知らなかった。

 しかし、この日付が何を意味するのか、少しずつだが分かってくる。

 わたしが彼らの名前や顔を覚えていったのは2011年に入ってからだと先に書いた。そして、彼らのことをいったん覚えると、不思議と忘れることができなくなってしまった。

 そういうファンは多いのではないかと、わたしは想像している。東方神起はいつのまにか日本でCDを出し、日本のテレビに出演して、レコード大賞を取ったり、紅白歌合戦に出たりした。つまり、いつのまにか、日本人の生活の中に浸透していったのだ。それも、日本語で歌を歌い、日本語でテレビに出演することによって。

 確認のために言っておけば、日本語を母国語とする者にとっても、それを成し遂げることは、奇跡というほど恐ろしく難しい。まして韓国という「異国」から乗り込んできて、それを成し遂げるなど――ペ・ヨンジュンによって形づくられた「韓流」という下地があったにせよ――、誰もが不可能なことだと考えていたことだろう。あのビートルズですら、日本で公演を行ったときには、あくまでも一部の人間によるものだが、「ビートルズ・ゴー・ホーム」と野次を飛ばされ、批判する者や、脅迫する者すらいたのだ。

 わたしは個人的に、ビートルズは世界で初めて、歌によって国境を越えたバンドだったと思っているが、そのビートルズでも越えられない壁があった。誰しもが少しずつ持っている、異質なものに対する反発心だ。その裏には、文化の違い、人種の違い、もっと言えば、国家同士による殺戮の歴史が、決してぬぐい去れない記憶として横たわっている。それはとても深い傷痕だ。もちろん、東方神起の背後にも、そういったものがないわけではない。日本と韓国の間には深い闇が横たわっているし、それは今後も簡単には消えることがないだろう。でも、東方神起は魔法のようなダンスと歌でそれを一瞬にして飛び越え、わたしたちの前に現れた。とはいっても、深い闇が消えたわけではない。だが、東方神起はあまりにも強い光を放ち、その深い深い闇をかすかに照らすことができたのだとわたしは思っている。

 だからまずは、彼らが光り輝く瞬間を見よう。それはあまりにも強く光りすぎたために、光り続けるための持続力を持っていなかったのではないかとすら勘ぐりたくなる。でも、それはわたしの考えすぎかもしれない。ともかく、まずは彼らを正面から見てみないといけない。
(つづく)

(有料メルマガ
http://www.mag2.com/m/0001552211.html 2012年7月19日号に掲載した記事に少し手を加えました)

■第一章 鎮魂歌

 いわゆる「東方神起事態」を知らない方には、いささか唐突かもしれないが、一つの裁判資料を掲載したい。
 東京地裁に提出された、2012年6月16日付けのC-JeS社代表ペク・チャンジュ氏の陳述書は、エイベックスを下記のように強く弾劾する。

「5 活動休止後の経緯

 こうしてエイベックスは、2010年9月16日、一方的に、JYJの「活動休止」を公表しましたがそれ以前の同年6月からJYJのマネジメントを全面的に休止しました。唯一、それ以前に既に出演を決めていた「a-nation10」に同年8月に参加させてもらいましたが、それ以外には、本件専属契約に基づく一切のマネジメントをエイベックスは放棄したのです。

 エイベックスの行動は、JYJや日本のファンの気持ちをまったく顧みず、自社の利益のみを追求する、誠に許し難いものでしたが、JYJの日本での活動を最優先して考えれば、エイベックスに譲歩して、合意契約をしてもらうほかありませんでした。そこで、当社は、代理人弁護士を通じて、エイベックスに対し、和解金1億円を支払うので、専属契約を合意解除してほしいとお願いしましたが、エイベックスは拒絶しました。

 その後も、エイベックスはJYJのマネジメントを行わないという契約違反を継続しましたので、当社は、専属契約を解除し、日本での活動を再開することにしました。

 この契約解除が有効であることは常識で考えればだれでもわかることですが、エイベックスは、今度は「エイベックスとJYJの専属契約は継続して」という虚偽の事実を、横浜アリーナやさいたまスーパーアリーナなどのコンサート会場運営会社に通告するなどして、JYJの活動再開を妨害してきました。この頃のことは、ザックコーポレーションの宮崎社長の方が詳しいかもしれません。宮崎社長はエイベックスの妨害にも屈せず、JYJが両国国技館でコンサートをする手配をしてくれました。両国国技館を運営する相撲協会にも、エイベックスから、コンサートを中止しなければ裁判を起こすという脅迫文書が送られたようですが、相撲協会が圧力に屈せず予定どおりコンサートを開催させてくれました。宮崎社長の尽力、相撲協会の良識ある判断に、大変感謝しております。

 また、その後、ひたちなか海浜公園でコンサートを開催しようとした時も、関係者に違法な圧力がかけられたときいています。しかし、ひたちなか海浜公園を運営する国(国土交通省関東地方整備局)は、エイベックスを介さずにJYJのコンサートを開催しても何ら問題ないと正当な判断をしてくれましたので、宮崎社長には大変ご苦労をおかけしましたが、日本で活動したいというJYJの気持ち、日本のファンの皆さんの気持ちにこたえることができました。

エイベックスは、相撲協会に対しては損害賠償請求の裁判を起こしましたが、国に対しては裁判を起こしてもいません。弱い立場の者に強く、強い立場の者に弱い態度に出るエイベックスの卑怯な行動には、心底怒りを覚えます」

「怒り」が渦巻く長い長い裁判。この国境をまたいだ争いは、韓国の裁判所で、そして日本の裁判所でいちおうの決着が見られようとしている。

■一枚の写真

 一枚の写真がある。そこには五人の、「イケメン」としか形容しようのない若者たちが横一列に並んで写っている。真ん中でまっすぐこちらを見据える、少し中性的な顔立ちの少年がジェジュン。その右隣でポーズを取る、あどけない雰囲気を持つ少年がチャンミン。ジェジュンの左隣で、まるでジェジュンに対抗するように彼から少し距離を取る、切れ長の目を持つ美少年がユチョン。ユチョンの左隣でひとり黒いノンスリーブのTシャツに身を包み、髪を短くカットした少年がジュンス。チャンミンの右隣で渋いシャツを着こなし、全員を見守るようにして立つのが、リーダーのユンホだ。

 この写真は、なにも特別に貴重な写真ではない。グーグルで「東方神起」を画像検索にかければ、けっこう上のほうに出てくる。おそらく日本に来る前、グループの活動としては初期の写真で、どこか高校の同級生同士で撮った集合写真のような「素人臭さ」があって、でもそれがとても微笑ましい。なぜなら、もう少し検索をかけてみれば、今度はまったく違った彼らの写真が出てくるからだ。やっぱり「イケメン」としか形容しようがないのは同じなのだが、雰囲気がぜんぜんちがう。ダーク系の衣裳に身を包んだ彼らは、挑発的な、でもどこか見る者を包み込むような目線でこちらを覗き込んでくる。ある高みに登った者にしかできない、力強い視線だ。凄みすら感じる。真ん中にジェジュン、その右隣にチャンミン、左隣にすこしジェジュンに対抗意識を持っているように見えるユチョン、その左隣にノンスリーブのTシャツ(ただし今度は胸元がざっくり開いている)を着たジュンス、右端に全員を包み込むようにユンホが立つのは同じだ。ところが、この二枚の写真が隔てている数年の間に、彼らを「少年」からアジアでも有数と言っていいだろう「男」に成長させる濃密な変化があったことが想像できる。そしてそれはわたしの想像の中だけでなく、現実にあった。

 もちろん彼らには、その後でもっと大きな「変化」が訪れるのだが、それはひとまず置いておく。なによりも、既にアジアの「歴史」の一部と化した彼らの「変化」について語らなければならないと思うからだ。

(つづく)

(有料メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001552211.html 2012年7月19日号に掲載した記事に少し手を加えました)


 日本を代表する芸能会社であり上場企業であるエイベックスと、これまた日本の伝統興行元である相撲協会との、昨年6月に開催されたJYJコンサートの件に関する裁判。

 今年7月20日に東京地裁に提出された相撲協会側の陳述書には、下記のような記述がありました。

 
 
「エイベックスは相撲協会がC-JeSやザックと共同でエイベックスの権利を侵害したと主張していますが、相撲協会はいったん許可した貸館につき、許可を取り消す理由がなかったことから、本件コンサート(JYJのコンサート・筆者注)のため国技館を貸館したに過ぎません。


 本件の事実関係において、もし相撲協会がエイベックスに対し損害賠償責任を負担するようなことになれば、今後、国技館の貸館につき何らかのクレームが入った全てのケースにおいて、相撲協会はその者に対する損害賠償責任を負担するリスクを負うことになってしまいます。そのようなことになれば、相撲協会と同様の貸館事業を行う全ての者が、貸館することに萎縮的にならざるを得ません。


 C-JeSとエイベックスとの間のJYJに関する問題は当事者間で解決すべき問題であり、相撲協会は全く関係のない話です。私としては、相撲協会は見せしめのために訴えられたとしか思えません。」


 JYJという韓国のグループの件を巡って、ぶつかり合うことになったエイベックスと相撲協会。上記陳述書の通り、相撲協会側としては、正常な貸館業務を行ったにすぎないにも関わらずエイベックスに訴えられてしまうという、まさにとばっちりの格好となった。

 エイベックスに「相撲協会は見せしめのために訴えられた」と主張するのも無理もないところであろう。

  

 下記は、千葉龍平氏のツイッターでの発言であり、「サンケイスポーツ紙」が日本で初めて「ペク・チャンジュ氏は逮捕経験有りで、韓国の暴力団関係者」と報じた2010年5月29日前後のものです。

 


「2010年05月27日(木)

これからSMエンターティメント部の阿久津部長とショナイなミーティング一時間。 http://twitpic.com/1rew87
posted at 11:53:43

2010年05月28日(金)
皆さん、聞いたらアッと驚き、込み上げるような悲しさに包まれ、最後は怒り心頭に達する、重大な情報があります!!!!が、言えません。あしからず。
posted at 14:43:47
皆さん、聞いたらアッと驚き、込み上げるような悲しさに包まれ、最後は怒り心頭に達する重大な情報が、ありません。

posted at 14:51:03
悪ふざけでした。反省しますもう二度と、このような悪ふざけはしないようにしません。 posted at 14:58:58
いいえ、こちらこそごめんなさい。また、注意してくれてありがとう。立場上、普段怒られないから、調子に乗っていました。いま、猛省してます。また、あの言葉は全くなにかしらの事実にもとづく呟きではありません。心配かけて、重ね重ねすいませんでした。これを機会にツイッターを、見直してみます。
posted at 17:28:46

2010年05月30日(日)
はい、そうします。 そうします。そうします。おやすみなさい。RT @hirogurijj: @MAZINGER_DRAGON
ベク・チャンジェさんは韓国の暴力団と繋がりがあるので大変危険な人物なのでもっとちゃんと調べた方がいいです。
posted at 01:01:28
ざけてないよ。RT @ayuno0206: ざけんな# RT @MAZINGER_DRAGON: はい、そうします。
そうします。そうします。おやすみなさい。RT @hirogurijj: @MAZINGER_DRAGON
ベク・チャンジェさんは韓国の暴力団と繋がりがあるので大 posted at 01:16:25

2010年06月02日(水)
うん、ちゃんとね。僕らには責任と夢があるから。RT @hana8hana25: @MAZINGER_DRAGON
チョンジェスの黒い噂はまだ調査中ですか? posted at 23:47:45
必ずします。RT @lunalovehero: @MAZINGER_DRAGON 黒いものは…
粉や錠剤も含め、きちんと調査して下さいね(:_;) posted at 23:54:47

2010年06月03日(木)
言う通りです。RT @wakame0919: @MAZINGER_DRAGON
今更調査中っておかしくないですか?仕事を始める前に、十分に調査し、把握していなくてはならないことなのでは?副社長である千葉さんの考えを教えて下さい。
posted at 00:01:57
道徳にのっとって行動します。RT @namichi: @MAZINGER_DRAGON黒い噂が真実だったらどうしますか? posted」

 


「サンケイスポーツ」紙はおそらく、5月29日の「ペク・チャンジュ氏は暴力団関係者」との記事掲載前に、エイベックスに確認を取ったことと思われます。上記千葉氏の5月28日の発言は、報道が行われることを事前に知っての発言だったと推測できます。

 

「サンスポ」にエイベックスが「出ることがわかって、止めなかった」のか、「止めることができなかった」のか、または「あえて書かせた」のかはわかりませんが、千葉氏が前日には「サンスポ」の記事の内容を知っていたということでしょう。

 

「確認書」とは打って変わった千葉氏の、上場企業のナンバー2らしからぬふざけた調子のツイートは、いつもの手法ということのようです。ペク・チャンジュ氏関連だから、という訳ではないのかもしれません。

 

 とにかくこの後に、エイベックスによる「JJY」からのペク・チャンジュ氏排除の動きが開始されることになります。

 

また、下記は先の千葉氏「確認書」が提出された2010年8月29日前後の、同氏のツイッターでの発言です。

 

 

「2010年08月28日(土)
明後日から一泊で韓国、9月4日か二泊でロサンゼルスに急遽出張が入ってしまい、今日はエイネいけません(>人<;)明日は、行きます。ので、探さないで下され(o^^o)では、エイネ楽しんでね
posted at 13:51:09
@minya1999 うん、行くよ。二泊で、だけどね(>人<;) posted at 22:39:59

2010年09月08日(水)
ロサンゼルスから、昨日戻りましたが、時差ボケと疲労とたまった仕事に忙殺されてます。エイネ打ち上げレポートとロス土産、しばしお待ちを(>人<;)
posted at 09:58:16

2010年09月17日(金)
力足らずだった、ごめんなさい。そして、この様な悲しい結末が見え隠れしてから皆様に申し訳なくて、ツィッターで何かを呟く事さえ失礼だと思い辞めていました。彼らには何も罪はありません。ただ、彼らの選んだ人とは付き合う事が出来ないのです。そして、僕らはふられたのです。大好きな彼等から。
posted at 01:55:14
ふられた俺に、何故ふられたんだと言われても返答に戸惑いますが、僕に魅力がなかったからでしょうとしか答えようがありません。それ以上にベクさんに魅力があったのでしょう。悔しくせつないですが、皆さんの期待に答えられなくてごめんなさい。もっと、会社を男を磨いて頑張ります。
posted at 02:01:30
全ては、この件を担当した僕の力不足であり、見識の甘さであると反省し、また失恋の様なやるせなさを感じています。本当に、ごめんなさい。ただ、しつこい男のように東方神起の復活は諦めません。懲りずに努力は続けます。では、また。
すいませんでした。 posted at 02:09:03

2010年09月22日(水)
皆様、松浦は当社の社長だよ。だから、社長にからむのは分からないでもないけど、これは僕が任された問題なんだよ。社長から、何度も何度も本当にいいのか?と念をおされて、はい、僕に任せて下さい!と答えた、何回も。そして、その僕が社長に答えた事は、
posted at 00:04:52
皆様に理解されるのは、時間がかかりますが僕の進退をかけて、彼らの会社とはビジネスが出来ません、彼等の事は社長と同じく大好きなのですが、彼等が僕達を選んでくれなければ!と答えました。そして、難しいが正しい選択です。もう少し時間を待ちましょう。僕が、間違いなのか正しいのかを。
posted at 00:11:02
皆様の返信、全て読まさせて頂きました。会社人として、人間として、そして彼等のあの歌声がオヤジギャグが踊りが笑い声が、再復活出来るようにもっともっと深く考えます。また、ツイートします。おやすみなさい。
posted at 01:07:43」
 

 

 上記を読むと、当時のエイベックスサイドの混乱が容易に想像できます。

 

 また、前出千葉氏「確認書」末尾に「仮処分申請以後の3人の動きなどを見ると、早急に判決が下されずこの紛争が解決できない場合には、その3人はエスエムとの契約はむろん、弊社との契約も無視し、更なる二重契約を他社と締結するなど、深刻な法的紛争をもたらす恐れも多いと思われます。早急かつ賢明なご判断をお願い申し上げます」とありますが、それから今に至る、二年近くに及ぶ「深刻な法的紛争」。そして、それだけではない、表と裏での「深刻な紛争」が日韓にまたがって起こってしまうのは周知の事実です。

 

 まるで迷宮に入り込んでしまったような錯覚を覚える事態ですが、この「事態」、今後ともできる範囲で伝えていきたいと思っています。

下記「確認書」は、2010年8月29日に韓国のソウル中央地裁法廷民事第47部に、エイベックスの副社長千葉龍平氏によって提出されたものです。


②の続き

10.結局、弊社は2010.3.にベク・チャンジュ氏と協議の上、3人の独占マネジメント会社であるCJESエンタテインメントと、3人の日本活動に関する契約を別途締結することになりました。

 

11.しかし、弊社が3人と契約を締結しながらで恐れていたのは、仮処分決定が出たとしても3人がエスエム以外の事務所と契約を締結できるのか、すなわちエスエムと同じ地位の包括なおかつ独占的マネジメント契約を他の会社と締結できるのかということでした。これに対し、3人とベク・チャンジュ氏は全ての法務法人世宗の監修のもと、契約を締結しているので、全く問題ないと言っていたので、これを信頼し契約締結を進めました。

 

12.しかし、弊社は3人との契約締結後、韓国でのエムエスと3人の本訴が進むにつれ、仮処分決定では、3人とエスエム間の専属契約を無効として判断したことがない(世宗側が3人と弊社との契約を誘導するため、仮処分決定の趣旨を歪曲して通知していたと見られます)従って、依然としてエスエムとの専属契約は有効に存続している、そして仮処分決定で3人に許容されているのは個別活動だけであり、第3者と包括なおかつ独占的なマネジメント契約を締結するのは、一切許容していないことが明らかになりつつありました。それによって弊社が3人と締結したCJESとの契約はやはり問題があるのではという判断を致しました。

 

13.また、3人との契約締結後である2010.5.29.に日本の有力なスポーツ新聞であるサンケイスポーツなどで、3人の背後に暴力団と関連している人物がおり、彼がCJESのベク・チャンジュ代表ということ、彼は以前暴力団を動員し俳優のクォン・サンウ氏を脅迫していた人物という内容を報道しました。弊社では、3人の二重契約の可否と契約無効の可能性だけを恐れていたのですが、ベク・チャンジュ氏という人物に関してはただ業界人の一人と考えていたのですが、そのような報道がある限り、日本国内でも多くのファンを持っているクォン・サンウ次を脅迫していた人物であれば、日本国内で3人のイメージも墜落する可能性も高く、弊社の上場企業としてのコンプライアンス問題でもあるので、弊社なりにベク・チャンジュ氏の背景について調べてみました。韓国で報道された内容を確認し、韓国業界の関係者などにも確認しましたところ、ベク・チャンジュ氏が暴力団を使いクォン・サンウ氏に専属契約を強要し、私生活のことを暴露すると脅迫をしていた人物で、拘束起訴までされていた人物という事実を確認しました。

 

14.このような内容を受け、弊社は2010.6.3人とベク・チャンジュ氏に対し、弊社の上場企業としてのコンプライアンス問題とイメージ的にも深刻な問題になりかねないので、これ以上パートナーとして付き合っていけないとの内容を明確にし、ベク・チャンジュ氏とCJESエンタテインメントが外れてもらわない限り、3人との契約を破棄すると通知しました。これに対し、3人側からもベク・チャンジュ氏とCJESエンタテインメントを排除することを考慮してみるとの意志があったので、2010.7.23.に法務法人世宗のオフィスで3人との既存契約(CJESエンタテインメントと締結した契約)を解除し、改めて3人と直接契約について論議しました。その中で、世宗側は、中途解除によりベク・チャンジュ氏の逸失利益を勘案し、CJESエンタテインメントの得られるはずの利益を保全してもらえないか、もしくはベク・チャンジュ氏が指定するマネジメント会社に契約上の地位移転ができないかなど、弊社に打診があったのですが、如何なる要請も受け入れられないという弊社の意向を明確にしました。

 

15.弊社は日本国内において東方神起を新人の時からマネジメントしており、彼らが名実ともに日本最高のグループとして成功するまで支援してきました。これからも数え切れないほどの実績を作っていける底力を持っているにもかかわらず、変わらぬ誠実さで常に頑張っている東方神起メンバーを誰よりも心から応援しています。現在は、会社の売上や日本芸能界においての認知度、事業的な判断、日本のファン感情などを考慮し、仮処分決定にも拘わらず、仕方なく3人と直接契約を締結することとなりましたが、弊社としては、今までも今の東方神起を作りあげるために共に歩んできたエスエムエンタテインメントとの契約を通じて、東方神起の日本活動を展開するのが最善だと考えています。そのためには早急に3人とエスエムとの専属契約は有効という判決が下されることを、弊社は強く希望しています。そのような判決が下されれば、弊社はエスエムとの契約及び関係を通じて東方神起の日本国内での活動を今まで通り続けていく所存です。また、仮処分申請以後の3人の動きなどを見ると、早急に判決が下されずこの紛争が解決できない場合には、その3人はエスエムとの契約はむろん、弊社との契約も無視し、更なる二重契約を他社と締結するなど、深刻な法的紛争をもたらす恐れも多いと思われます。早急かつ賢明なご判断をお願い申し上げます。

 

 

2010829

 

AVEX Group Holdings Inc. 代表取締役 千葉龍平

 

ソウル中央地裁法廷 民事 第47部御中


(終わり)

このページのトップヘ