小野登志郎のブログ

出版・ウェブの制作会社(株)小野プロダクション代表で、ノンフィクション・ライターの小野登志郎です。徒然にゆる~く書いていけたらと思ってます。

カテゴリ: 中国関係

 自民党支持者からの受けが良い小泉進次郎。


「若いのに、気配りは抜群ですよ。進次郎さんに応援に来てもらうのと、貰わないのでは結果が大違いですよ。進次郎さんは10年後の総理ですよ。うちの先生も進次郎さんについていって将来の閣僚を目指してもらいたいものだ」(自民党若手議員の支持者)


 小泉進次郎の選挙における人気は凄まじい。彼の応援を受けた候補者は高い確率で当選するとあっては自民党関係者の間で人気が高まるのも無理のないところだ。小泉進次郎は最近、従兄弟がホストクラブ経営者であることが『週刊文春』なので採り上げられたが、ダメージを受けるどころかかすり傷でさえなかったようである。小泉家は元々侠客(=ヤクザ)の血を引いていると報じられているが、父親の小泉純一郎元首相は血の気が多く政界の変人などとも呼ばれていた。しかし、息子の方はいたってまともな常識人であるようだ。


「進次郎は応援に行くかどうかは相手を見て決めるよ。この相手が自分にとって如何なる意味があるかが判断の基準だ。まあ、爺たちがいくら要請しても、なんだかんだと理由をつけて、断っている。進次郎が狙っているのは10年後の総理だから、10年後に政界に入るかどうか判らないやつらは相手にするはずもない」(某自民党議員の秘書)


 小泉進次郎は自民党の青年局長である。その立場上、選挙の応援に行くのは青年局関係が多いのは当然だが、その場合でも相手の人物をよく値踏みして行動に踏み切るという。値踏みするとは、応援する相手が10年後の自分の総理大臣への道で役に立つかどうかということである。つまり彼の場合選挙の応援一つとっても10年後を見据えて行っているというのである。


「小泉進次郎の行動を見ていると、前中国最高指導者の胡錦涛を思い出す。胡錦涛は20年くらいかけて共産主義青年団の中から人材を養成し中央に送り込んだ。進次郎は今、自民党青年部の部長だろう。その地位を利用して、自分の勢力を造りつつある段階だが、これが成功すれば自民党内で侮れない勢力となることは間違いないだろう。あくまで推測だが新次郎は胡錦涛の共青(中国共産主義青年団)を足がかりに権力の頂点まで上りつめた胡錦涛の軌跡を勉強したのではないかと錯覚に捉われることがある」(中国通の民主党関係者)


 この中国通の民主党関係者は、小泉進次郎が最近引退したばかりの中国最高指導者胡錦涛の姿をダブルという。胡錦涛は中国共産党の青年組織である共産主義青年団の中に強固な人脈を築きそれを自己の権力基盤としてのし上がっていった人物である。自民党と中国共産党には意外なことだが共通点がないとはいえない。その第一は派閥の存在と内部の熾烈な権力闘争である。自民党も歴史を辿れば派閥抗争の歴史だった。80年代までは田中派とその系譜を引く経世会の天下だったが、90年代後半からはの天下となった。かつての自民党と同じように、中国共産党はその権力維持に躍起となってきた。「その中国共産党が最も研究したのは、他でもない日本の自民党だった」(前出中国通の民主党関係者)。


 自民党は長老たちの政党であり、従来、青年部などというものが党内で省みられることはほとんどなかった。しかし、時代は変わった。小泉進次郎の慧眼は青年部に目をつけたことかもしれない。ここには長老達の影響があまり及ばず自己の勢力を形成するのには持ってこいの場であるようだ。小泉進次郎が主催する青年局の昼食会には80人以上の議員が参加する。見方によってはこれは小泉進次郎の派閥の昼食会と言える。民主党の中国通が指摘したように進次郎が10年後を睨んで、青年部の取り纏めをすることを、胡錦涛と共産主義青年団との関係に学んだのではないかという推測もあながち外れたものではない。


 小泉進次郎の総理総裁への道は始まったばかりだが、つくづく要注目である人物である。

 この事件に対し中国中央政府は、即座に中国人の羅津入域全面禁止の処置をとったのであった。さらに、この事件には「おまけ」が付いた。この禁止指令により、それまで吉林省主導で推進されていた羅津-先鋒自由経済貿易区の建設が全面的にストップしてしまったのであった。そしてこれに懲りた吉林省政府は、しばらく静観の状態に入ったのであった。

 そしてそこにはもう一つ金正日の壁があった。金正日は口では合弁事業を推進すると言いながら、そこから“自由”の風が国内に浸透することを恐れ、事業を積極的には推進しなかったのである。つまり羅津・先鋒開発は事実上この10年棚上げ状態だったのである。

 しかし、昨年12月の金正日の突然の死で事態は一変する。後を継いだ金正恩第一書記は経済改革シフトと思われるサインを次々と発している。8月になり金正恩の叔父で、彼の最大の後ろ盾と見られている張ソンテクが中国を訪問、羅津・先鋒開発区、と鴨緑江河口域にある黄金坪経済開発区の中朝共同開発の進展を表明したが、これはサインに止まらず経済開発が実行に移されたことを意味している。今後この動きはしだいに加速されていくことだろう。これまでそこに立ちはだかっていた金正日はもう居ないのだから。

 さらにこれは、7月の朝鮮人民軍トップの李英浩の解任とも密接にリンクしている。北朝鮮の経済開発に楯突く軍強硬派の排除がその真相であろう。恐らく、近々中国による羅津港の使用が現実のものとなるであろう。そうすると中国、特に吉林省は羅津港を自由に使えることで、日本海に向けた製品の積み出しは飛躍的に伸ばしていくであろう。実際、吉林省は長春から琿春までの高速道路を完成させた。これにより長春~琿春間は3時間ほどでいけるのである。さらに吉林省は琿春と羅津を結ぶ道路の整備を開始している。

 そして琿春は、極東における鉄道の要衝でもある。琿春は鉄路で長春、大連、瀋陽とも結ばれているし、極東ロシアの各都市とも結ばれている。そして北朝鮮ともまた結ばれているのである。先に述べた琿春市、そして図門市からの北朝鮮観光には鉄道を使うコースもあり、これまた北朝鮮への鉄道輸送のシュミレーションの役割をも担っている。

 つまり北朝鮮の羅津港への輸送は、道路、鉄路の双方で行うことが可能であり、そのインフラ整備は吉林省政府が行っているのである。

 日本海へのロジステイックはロシアルート、北朝鮮ルートの双方とも完成間際であると言える。残されているのは羅津港の港湾整備くらいで、これもすでに吉林省主導で手がつけられている。

 吉林省主導で行われている極東金三角のインフラ整備はほぼ最終段階に入っているようである。2013年には延辺朝鮮族自治州長春はもちろんとなりの遼寧省、黒竜江省を結ぶ鉄道網が完成する。これで極東金三角のロジステイックは完成となるのである。

 そして、神豊信息技術(延辺)有限公司~延辺におけるトヨタ系の先験的取り組みである。

 この地が持つもう一つの利点は、北朝鮮の安価な労働力の利用が見込めることにある。琿春市ではすでに10年ほど前から、経済特区が作られすでに中国と日本、韓国、ロシアとの合弁事業が展開され大きな成果を生んでいるが、日韓企業は北朝鮮労働力の活用を見込んでこの地に進出しているのである。

 2006年に設立されたソフト開発会社神豊信息技術(延辺)有限公司という会社がある。この会社の親会社はシンポー情報システム株式会社といい、神奈川トヨタから分離独立した情報システム開発企業で、このシンポー情報システム株式会社が100%出資している。主な取引先はトヨタ系列の自動車ボディーメーカー、関連自動車部品工場、紡織などで、トヨタ関係の工場や販売店用受発注システム開発を主な業務としている。また北京を通じて広州トヨタの仕事も受託しているという。事業の割合で見るとトヨタ系は3割以上を占めている。

 ソフトウエア開発会社にとって優秀な人材確保はその命運を決する重大アイテムである。だが現在の日本は尐子高齢化などもあり優秀な技術者の採用が困難となりつつある。そこで人材確保を目指して延辺に進出したのである。同社が延辺を選んだ大きな理由は、延辺には日本語の達者な朝鮮族が多いこと、さらに優秀な高校生の多くは地元の延辺大学に進学するが、この大学にはコンピューター学部があり優秀な学生を数多く送り出している。つまり延辺は日本語能力に長け、同時にITに強い人材の宝庫なのである。中国東北部進出にあたっては、大連はもちろん、瀋陽、長春が候補に当たったが、最終的に延辺朝鮮族自治州の延吉市に決めたのはここの人材に目をつけたからである。会社は最近では延辺朝鮮族自治州政府からの発注も得るなど、延辺での存在感を強めつつある。

 このようにトヨタの系列会社は早くから中国東北部における事業展開の要としての人材確保を進めてきたようである。そしてこの動きは大連、長春を中心として展開されている日本企業のBPO(Business Process Outsourcing)ブームを先取りする形での展開である。神豊信息技術(延辺)有限公司はその中核に位置づけられているようだ。

 ところで延辺は図門江をはさんで北朝鮮と向き合う場所である。その北朝鮮にも自動車産業が成長する可能性もないわけではない。北の自動車産業の実態はいまいちはっきりしないが、初めての国産車である「フイッツパラム(口笛)」の生産を発表していることから、いちおうは車を作れる能力は備えているようである。つまり北朝鮮に自動車産業が進出するとしたら、無から始めるのではなくそれなりの基礎はあるということだ。延辺への進出は来るべき北朝鮮への進出の布石のひとつなのかもしれない。 

 とにかく、長春並びに延辺朝鮮族自治州を中心としたトヨタの動向から、当面、目が離せない。
(了)

(有料メルマガ
http://www.mag2.com/m/0001552211.html に掲載した記事です)

 もう一つの重要な事実は、吉林省が中国の北朝鮮取り込みの先陣を切っていることだ。北朝鮮の羅津・先鋒経済特区の開発を主導しているのは吉林省であり、羅津の港湾の使用権を持っているのも吉林省なのである。つまり吉林省との関わりはその先に極東ロシア、北朝鮮の市場、または生産拠点の確保へと繋がるというわけである。

 この点にこそ、トヨタが、マイナーな感じがいまいち抜けない吉林省を選んだ大きな理由であると思われるのだ。

 すでにこの地では、中朝露に日韓を加えた5ケ国の経済交流が着実に進行している。そして、その“極東金三角”の生命線となっているのが、日本海を通して中朝露と日韓を結ぶ“黄金水路”だ。

 この“黄金水路”の隠れた中心となっているのが延辺朝鮮族自治州の琿春市という小さな街だ。琿春市の半径2百キロの範囲にロシア、北朝鮮の10個の港が分布している。地理環境に注目して中国は琿春市を“黄金水路”の要として重点的に開発してきた。

 吉林省長春で第一汽車と合弁で事業展開を進めているトヨタは、中国東北部と日本海経由で日本を結ぶこの地の将来を見越して、この地に進出したのだと考えても良いだろう。琿春市は琿春通商口と琿春鉄道通商口とでロシアと通じており、中国で生産された製品は、ここからロシアのザルビノ、ポシュット経由で韓国、日本に搬送される。このルートは、吉林省が国際港湾を活用して日本海に構築する事業の一環としてその整備に邁進しているのだ。

 トヨタに限らず東北で事業展開している日系企業が注目しているのは、4月24日長春市で締結された、琿春-ザルビノ-新潟を結ぶ国際陸海輸送ルートの相互代理契約だ。この契約は、中日露を結ぶ日本海横断航路の運営に始まる日本海『黄金水道』の新展開を意味しており、日中韓ロシア、さらには北朝鮮を含めた、来るべき極東FTAを先取りするものである。5月に開催された日中韓3カ国首脳会議(日中韓サミット)で、日中韓の自由貿易協定(FTA)について「年内の交渉入り」で合意したのも、この水路活用にめどが付いたからである。この“黄金水路”を使えば輸送コストは大幅に削減できる可能性がある。

 そしてもう一つは北朝鮮との関係だ。

 現在吉林省は先行的に北朝鮮との経済交流を積極的に展開している。琿春市西南は図們江を挟んで北朝鮮の咸鏡北道と向き合っており、北朝鮮との交易の重要な経路となっている。その窓口が圏河通商口と沙坨子通商口だ。 圏河通商口の向い側は、吉林省が50年間の租借契約を結んだ北朝鮮の羅津-先鋒自由経済貿易区に直接繋がっている。

 最近、琿春市と北朝鮮を結ぶ観光が再開されたが、この旅行事業は来るべき吉林省と北朝鮮の自由往来を想定しながら、そのシュミレーションもかねて行われようとしているようだ。実は吉林省は、北朝鮮との観光事業では痛い経験を持っている。北朝鮮の羅津には吉林省からの観光客を見込んでカジノが作られていた。このカジノ事業の要となったのは故金正日総書記と親密な関係にあったマカオのマイケル・フオ―であった。このカジノは人気を得た。国内での賭博事業を禁止している中国ではありえないカジノが車で日帰りできる位置に出来たのである。

 まず、延辺朝鮮族自治州の幹部がこれに嵌った。そして吉林省中央政府の幹部までが煩雑にこのカジノに出入りするようになった。

 そんな時、重大大事件が起こった。カジノに延辺朝鮮族自治州政府幹部が政府の金を横領しカジノにつぎ込んでいたことがバレたのである。この幹部は逃亡したが、安全部は彼を追跡し逮捕した。実はこの事件は単なる横領事件に止まらず深刻な問題が背景にあった。それは北朝鮮情報部の関与である。あくまで推測に過ぎないがこの自治州幹部は北朝鮮に嵌められたのではないかという“疑惑“である。北朝鮮はこの手の仕掛けはお手
のものである。そしてこのカジノは北朝鮮トップの金正日と親密な関係にあるマカオの賭博王が運営していたのだから、その”疑惑“もあながち穿ち過ぎとはいえないものであった。つまりこの事件は単なる公金横領ではなく国家の保安に関わる案件だったようである。

(つづく)

(有料メルマガ
http://www.mag2.com/m/0001552211.html に掲載した記事です)

 極東の輸送を劇的に変える“黄金水道” 中国東北部吉林省にシフトしたトヨタ

 トヨタは今、その生産と販売の主要拠点を、北米から中国へとシフトを変えつつある。このトヨタ中国戦略の扇の要にあたるのが、吉林省長春における「第一汽車」との合弁事業だ。

 トヨタはこれまでの中国自動車産業の中心であった上海、広州、天津などではなく、なぜ“辺境”である東北部の吉林省を選んだのか。

 実はここにはトヨタの深い思惑が見て取れる。
 
 現在、経済の減速が懸念され、同時に大規模な労働争議が頻発する中国から撤退する日系企業が増えつつある。だが、その中で東北部は違う様相を見せている。東北地方はかつての満州国の故地である。終戦当時この地には満鉄などかなりの資産が残されていた。特に遼寧省はそうであった。遼寧省は旧満州国の工場施設を活用し中国の軍事産業の拠点となっていた。中国の軍事産業の雄ノンリコなどは、ここに本拠を置いている。

 トヨタが合弁した第一汽車もそうした国営企業の一つであり、既得権に胡坐をかく傾向がなきにしもあらずである。第一汽車が本拠を置く長春はこれまで上海、広州、武漢、重慶と並ぶ中国自動車産業の拠点とされながらも、いまいち知名度のなかったのは、東北地方で独占的な地位をむさぼる国営自動車企業であるが故の弱点がもろに露呈していたからだろう。

 ところで、第一汽車もまた満州国の遺産の継承者(社)の一つである。満州に自動車産業を育てたのは鮎川義介率いる日産であった。第一汽車は日産の遺産を元に出発したのである。それから60
余年たった今、その第一汽車が日産のライバルであるトヨタと合弁するのも何か因縁めいたものを感じざるをえない。

 ところで東北三省は豊かな天然資源に恵まれていると同時に、労働力の面でもまだポテンシャルを有している。それにも関わらず東北三省が沿岸地域に比べ改革開放に乗り遅れた観が強かったことの第一の要因は、先に述べた軍需産業に代表される国営企業の既得権が強く民間企業の進出が遅れたことが挙げられる。彼らの“抵抗”は頑強で、新規の企業の進出は困難だった。これまで東北三省が沿岸地域からやや取り残されたきらいがあったのは、そうした理由からである。

 その一方で、新たな動きを誘発したのは日系企業の合弁事業展開だったといえなくもない。東北地方の経済を牽引するのは大連であるが、大連の工業力はその大半を日系の合弁企業が占めている。大連の成功は東北に新しい息吹を吹き込んだのである。そして東北地方の経済はまだまだ伸びる要素があるのである。

 ところで余談だが、東北地方は冬の寒さの厳しい地方である。それもあってこの地では、トヨタのランクルが絶大なる信頼を得ている。ランクルだけではないが、東北地方には車産業が伸びる可能性がまだまだ残されているのである。トヨタはホンダ・アコード、「上海第二汽車」が展開するアウデイの対抗車種として、カムリを前面に立てているが、今後はランクルの売り上げ上昇も期待されるところであろう。今回のトヨタの進出で長春が中国自動車産業の一大拠点として再び注目されるのは間違いない。

 しかし課題がないわけではない。先に述べたように第一汽車の国営企業的体質をトヨタが果たして変えられるか。その正否が今後を決定していくかもしれない。トヨタ方式が第一汽車の国営企業体質を吹き払うことができるのだろうか。

 トヨタの長春進出の動きは、中国を巡る自動車関連産業の新たな動きをも誘発している。トヨタの子会社であるデンソーは約16億円をつぎ込んで長春にカーエアコンの工場を開設した。NECエレクトロニクスは2008年7月に、100%子会社である日電電子(中国)が、車載半導体の拡販活動強化の一環として、吉林省長春市に支店を開設し、技術支援をはじめとした営業活動を展開してきた。これらは長春での活動は第一汽車向けの事業展開で、第一汽車の持ち株子会社である啓明情報技術への技術サポートが大きな地位を占めていた。

 NECに限らず、長春には第一汽車関連で多くの自動車関連メーカーが進出しているが、トヨタとの合弁で事業展開に拍車がかかることは間違いない。

 そうした動きは日系企業に限らない。2011年7月、ドイツの自動車部品メーカー、ハフ(Huf)は、長春に中国で4番目となる「長春ハフ・オートモーティブ・ロック社」の工場開設を発表した。この工場ではプラスチック成型、塗装の設備のほか、キー、ロッキングシステム、ドアハンドル、ステアリングコラムロックなど様々な生産ラインを備え、製品は周辺地域の自動車メーカーを中心に供給を目指している。その中にトヨタと第一汽車との合弁会社が入っていることは間違いない。

 日本と中朝露をダイレクトに結ぶ“黄金水路”がロジステイックを変えるその東北部で今、最も注目されているのが極東金三角と呼ばれる「中」「露」「朝」国境地帯だ。そしてこの地は吉林省に属する延辺朝鮮族自治州にある。延辺朝鮮族自治州は中国と極東ロシア、北朝鮮を結ぶハブなのである。

 すでにこの地は、極東ロシアの物資の仕入先として着々と実績を挙げつつある。
(つづく)

(有料メルマガ
http://www.mag2.com/m/0001552211.html に掲載した記事です)

(取材 浪城暁紀 構成 小野登志郎) 
 
 そんなこととは何一つ知らないチャンホは、服売り場、雑貨売り場、電気製品売り場を回った。そこでも驚きの連続だったが、それに触れることはあまりにも空しいのでこれ以上は書くのをやめよう。

 夕方の6時を過ぎると店のほとんどは閉まる。残るは付近のフアッション・ビルや食堂のみである。食堂の証明に浮かび上がる色とりどりのメニューを眺めならチャンホはひたすら時が過ぎるのをまった。


 夜が更けてからは、オモニが働いていたという食堂の裏で昼間会ったアジュンマ(おばさん)が出てくるのをひたすら待った。


 やがて食堂の明かりが消え、裏口からアジュンマが現れた。アジュンマはチャンホを促し、歩き出した。どこへ行くのか不安だったが、もはやチャンホには、彼に付いていく他、成す術がなかった。

 

 20分ほど歩いただろうか、アジュンマはチャンホを先導してある家に入って行った。そしてその一室のドアを開けた。そこは小さな部屋で2段ベッドが二つ並んでいた。中には女の人が二人いた。アジュンマは彼女らにジョンスク(チャンホの母の名前)の息子が訪ねてきたと告げた。二人のアジュンマは頷いただけだった。

 アジュンマはチャンホに座るように言い、台所に立ってラーメンを造ってくれた。早くオモニのことを聞きたかったが。進められるがままにチャンホはラーメンを食べた。これまた経験したことのない味で、とても美味しかった。お腹が空いていたチャンホ残すことなく平らげた。

 一息つくと、マジュンマはオモニのことを語り出した。既に判っていたことだがオモニはあの店にはいなかった。アジュンマが語るところによると、チャンホのオモニは2ケ月程前に店を辞め、黒竜江省の牡丹江市に働きに行ったというのだ。

 牡丹江市には朝鮮族のコミュニテイがあり、そこで身分を偽り働いている脱北者も少なくない。当時は国境沿いの延辺とは違い、脱北者の取り締まりもあまり厳しくなく脱北者には働き安い場所だった様である。とにかくオモニはそこに行ったのだと言う。

 アジュンマは、幼い身で脱北までしてオモニを訪ねてきたのに残念だろうね、と慰めてくれた。アジュンマによれば延吉から牡丹江までの距離は300キロもあるとのことであった。列車が通っているが、脱北者の少年が一人で行くのは不可能だと告げ、諦めて北朝鮮に戻ることを勧めた。チャンホは頷くしかなかった。アジュンマはあのベッドはジョンスク(チャンホの母)が使っていた。今は空いているから、今夜はあのベッドで寝なさいと言ってくれた。

 チャンホは恋しいオモニが寝ていたベッドで一夜を過ごした。布団からオモニの匂いがしてくるようで、恋しさが募り、涙が止まらなかったという。

 翌朝、アジュンマ達に丁重に礼を言い、その部屋を辞した。その足でチャンホはすぐに駅に向かった。チャンホはオモニのことを諦める気は毛頭なかったのだ。

 チャンホは、この時延吉から牡丹江市に向かう貨物列車に潜りこみ、かの地へ行きオモニを探す気でいた。そして駅の構内で牡丹江行きの貨物列車を探したのだ。

 あの優しいハルモニに貰った150元を小出しに使いながら飢えをしのぎ、時を待つことにした。チャンスは意外に早くやってきた。牡丹江という標識を付けた貨物列車を見つけたのだ。その夜、チャンホは貨物列車に向かい、適当な貨車を見つけて潜り込んだ。明け方、列車が動きだした。

 アジュンマに聞いた所では列車で8時間くらいかかるとのことだが、貨物列車ならもっと遅いであろう。標識に牡丹江行きと書いていたからには、牡丹江は終点だろう。列車が止まり、それ以上動かなくなってから降りればいい。

 何時間経ったか判らない。夜には列車はそれ以上動かなくなった。ここが牡丹江であることは間違いなかった。とにかく降りて駅に行くことにした。駅舎には「牡丹江駅」と朝鮮語の表記があった。この街のどこかにオモニがいる。その希望でチャンホは少しも疲れを感じなかった……。
(つづく)

 (有料メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001552211.html に掲載した記事です)

このページのトップヘ