自民党支持者からの受けが良い小泉進次郎。


「若いのに、気配りは抜群ですよ。進次郎さんに応援に来てもらうのと、貰わないのでは結果が大違いですよ。進次郎さんは10年後の総理ですよ。うちの先生も進次郎さんについていって将来の閣僚を目指してもらいたいものだ」(自民党若手議員の支持者)


 小泉進次郎の選挙における人気は凄まじい。彼の応援を受けた候補者は高い確率で当選するとあっては自民党関係者の間で人気が高まるのも無理のないところだ。小泉進次郎は最近、従兄弟がホストクラブ経営者であることが『週刊文春』なので採り上げられたが、ダメージを受けるどころかかすり傷でさえなかったようである。小泉家は元々侠客(=ヤクザ)の血を引いていると報じられているが、父親の小泉純一郎元首相は血の気が多く政界の変人などとも呼ばれていた。しかし、息子の方はいたってまともな常識人であるようだ。


「進次郎は応援に行くかどうかは相手を見て決めるよ。この相手が自分にとって如何なる意味があるかが判断の基準だ。まあ、爺たちがいくら要請しても、なんだかんだと理由をつけて、断っている。進次郎が狙っているのは10年後の総理だから、10年後に政界に入るかどうか判らないやつらは相手にするはずもない」(某自民党議員の秘書)


 小泉進次郎は自民党の青年局長である。その立場上、選挙の応援に行くのは青年局関係が多いのは当然だが、その場合でも相手の人物をよく値踏みして行動に踏み切るという。値踏みするとは、応援する相手が10年後の自分の総理大臣への道で役に立つかどうかということである。つまり彼の場合選挙の応援一つとっても10年後を見据えて行っているというのである。


「小泉進次郎の行動を見ていると、前中国最高指導者の胡錦涛を思い出す。胡錦涛は20年くらいかけて共産主義青年団の中から人材を養成し中央に送り込んだ。進次郎は今、自民党青年部の部長だろう。その地位を利用して、自分の勢力を造りつつある段階だが、これが成功すれば自民党内で侮れない勢力となることは間違いないだろう。あくまで推測だが新次郎は胡錦涛の共青(中国共産主義青年団)を足がかりに権力の頂点まで上りつめた胡錦涛の軌跡を勉強したのではないかと錯覚に捉われることがある」(中国通の民主党関係者)


 この中国通の民主党関係者は、小泉進次郎が最近引退したばかりの中国最高指導者胡錦涛の姿をダブルという。胡錦涛は中国共産党の青年組織である共産主義青年団の中に強固な人脈を築きそれを自己の権力基盤としてのし上がっていった人物である。自民党と中国共産党には意外なことだが共通点がないとはいえない。その第一は派閥の存在と内部の熾烈な権力闘争である。自民党も歴史を辿れば派閥抗争の歴史だった。80年代までは田中派とその系譜を引く経世会の天下だったが、90年代後半からはの天下となった。かつての自民党と同じように、中国共産党はその権力維持に躍起となってきた。「その中国共産党が最も研究したのは、他でもない日本の自民党だった」(前出中国通の民主党関係者)。


 自民党は長老たちの政党であり、従来、青年部などというものが党内で省みられることはほとんどなかった。しかし、時代は変わった。小泉進次郎の慧眼は青年部に目をつけたことかもしれない。ここには長老達の影響があまり及ばず自己の勢力を形成するのには持ってこいの場であるようだ。小泉進次郎が主催する青年局の昼食会には80人以上の議員が参加する。見方によってはこれは小泉進次郎の派閥の昼食会と言える。民主党の中国通が指摘したように進次郎が10年後を睨んで、青年部の取り纏めをすることを、胡錦涛と共産主義青年団との関係に学んだのではないかという推測もあながち外れたものではない。


 小泉進次郎の総理総裁への道は始まったばかりだが、つくづく要注目である人物である。