小野登志郎のブログ

出版・ウェブの制作会社(株)小野プロダクション代表で、ノンフィクション・ライターの小野登志郎です。徒然にゆる~く書いていけたらと思ってます。

2013年05月

 こんな記事があった。

「学研、ムックの内容不備を謝罪 一時販売中止へ」(
オリコン 5月1日(水)18時7分配信)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130501-00000321-oric-ent



 学研といえば老舗出版社。紙でこんな事故を起こすことはたぶんあり得ない。電子書籍だからこそ起きてしまった事故といえるだろう。

 しかし、ここまで大失敗ではないけども、他の出版社が発行している電子モノでも、実はこういった事故はたくさん起こっている。紙の世界では誤字脱字のチェックなど、きめ細かく行われる。しかし、電子モノだと、チェック体制が整っていない。さまざまな理由から、そうなっていることが予想される。

 紙のプロたちの仕事はもう一度書くが、もともと神経質なくらいとてもきめ細かい。しかし、こういった事故が電子モノではたくさん起きてします。スピーディだからこそ、チェックが甘くなる。というか、チャック機能がマヒしてしまう。個人的な問題ではなく、システム、構造的な問題もあるのではないかと思う。

 要するに校閲体制のことなのだけど、販売不振から校閲にかかる経費を減らしていると思われる。webモノであればなおさら。「間違えても、書きなおしが効く」という面もある。

「自分も無縁じゃないな」。誤字脱字をチェックしてくれる編集者がいないブログやメルマガではまさにそう。自戒を込めて、この記事を読んでしまいました。

http://www.youtube.com/watch?v=QO2nEA_TrMU

 これ、ある北朝鮮に詳しいジャーナリストから借り受けた映像なのですが、貴重な映像です。

「このビデオは数年前、中国遼寧省丹東の港から北朝鮮に向かう中国貿易船に乗り北朝鮮海域に潜入した仲間の映像ジャーナリストが撮った映像である。
 
 中朝国境の川・鴨緑江河口から北朝鮮の海岸沿いの海域である。そこでは、中国の漁業監視船、北朝鮮の小型警備艇が巡回していた。その海域では中国の漁船と北朝鮮の漁船が入り乱れて操業していた。
 
 数年前のことだが今も基本的は変わっていないと思われる」

 尖閣、竹島とはまた違った国境地帯の姿ですね。ぜひご照覧ください。

http://www.youtube.com/watch?v=QO2nEA_TrMU 

▼第43号
----------
                       2013/05/02
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ノンフィクション・ライター小野登志郎のメールマガジン
    ~牡羊座が見たディープな出来事とスターたち~

Vol.43

毎週木曜日発行
───────────────────────────────────
【今週の目次】

1. 【天皇から冠位を賜ったネコ~「枕草子」に描かれた平安時代のネコ】
  日本人とネコの付き合いには2千年の歴史がある
2. 【韓国発の「ワールドスター」、
  PSYの世界進出第二弾は使い回しのダンスに賛否両論!】(榎本たけし)
3. 【北米からの手紙】(内藤茗)  
  お休みです。
4. 【脱・台湾親日論の彼方へ】(松野幸志)  
5. 【横山茂彦の「NHK大河ドラマ八重の桜 勝手に論評・出しゃばり解説8】 
6. 【オムニバス小説 あわいの小骨】(伊藤螺子)
7. 【編集後記】

メルマガのご購読は、こちらからお願いいたします→
http://www.mag2.com/m/0001552211.html

このページのトップヘ