そんな軍隊生活で唯一の楽しみは休暇であるという。ソウルを訪れたことのある人なら、ソウルの街角で迷彩服に迷彩帽を被った若い兵士が、恋人と思われる女性と一緒に歩いているのを見かけたことがあるかもしれない。彼らのほとんどが休暇中の韓国軍兵士である。彼らは休暇の短い日々を、一刻を惜しむかのように恋人や家族と過ごすのである。

                      

 しかし時には入隊中に恋人に去られる兵士もいる。ある日突然、恋人からの連絡が絶える。何度連絡しても連絡が着かなくなる。こうした場合、ほぼ100%恋人が心変わりしたか、他の男に乗り換えたかである。だが兵営に閉じ込められた彼らになすすべは無い。

 

 このような軍隊生活だが、悪いことばかりではないという。同期兵の結束は固く、除隊してもその濃密な関係は続いていく。また新兵時代はいじめてばかりいた先輩も、やがては頼もしい上司に変わっていく。この上下の結束もまた固い。除隊後も、先輩は後輩を様々な形でバックアップする。こうした関係が連綿と続いて韓国社会を支えているともある意味言えるである。

 

 韓国軍の兵営生活の体験談を書いた本に、『韓国徴兵、オレの912日』(講談社+α文庫 チュ チュンヨン著)というものがある。その中で著者は「韓国の男なら一度は軍隊に行くべきだ。しかし二度と行く所ではない」と書いているが、言い得て妙であり、これが軍隊に行った韓国の男の本音なのではないだろうか。

 

 最近除隊したイ・ジュンギの除隊の時のニュースを韓国で見たが、あのどちらかといえば“チャラ男”タイプのジュンギが、逞しく変身しているのを見て驚いたことがあった。優男のヒョンビンもユナクも、2年半後は逞しく変身して帰ってくるだろう。特にヒョンビンは、あの“鬼のヘビョン(海兵)”に行くからには、その変身ぶりを今から想像することは出来ない。

 

■兵役逃れは国民の厳しい目に晒される

 

 ところで、数年前までは様々な手を使って兵役逃れをする俳優やスポーツ選手が後を絶たなかった。サイクルの激しい韓国芸能界で、2年半の空白は致命的であると考えるのも無理からぬことである。

 

 また芸能プロにとってもドル箱を失うことは大きな痛手であった。兵役逃れは本人というより芸能プロが手を廻したケースのほうが多いであろう。そんな時、大掛かりな兵役逃れブローカーが摘発された。その男が扱った俳優、タレント、スポーツ選手のリストの中には『秋の童話』でブレークした俳優ソン・スンホンが含まれていた。

 

 彼らは韓国社会から激しい批難を浴びることになった。韓国では兵役逃れは“国賊”に等しい扱いを受け、大統領選の行方を左右したこともあった。2001年の大統領選挙で保守ハンナラ党の候補だった李会昌(イ・ヘチャン)は当初圧倒的に民主党の盧武鉉(ノ・ムヒョン)候補をリードしていたが、選挙中盤に彼の息子の兵営逃れが発覚、見る間に支持を失いノ・ムヒョン候補に逆転されたのであった。

 

 これが韓国の一側面なのだろう。それは芸能界でもなんら変わりは無いのかもしれない。

 

 ソン・スンホンは国民に謝罪声明を出し、すぐさま入隊した。謝罪は功を奏し、ソン・スンホンに対する評価は180度変わった。除隊後の彼の活躍と人気はそれを如実に物語っている。

 

 その後、韓流スターの兵役逃れが表面化したことは無い。また、彼らの入隊や、入隊後の姿は度々芸能ニュースで伝えられ、ファンはスターの近況にふれることが出来る。こうしたこともあり、入隊したことが原因で人気を落としたという話はあまり聞かれなくなった……。

 

 そして、こうした韓流スターや有名人とは違う、普通の韓国人青年男子たちの兵役に、ここ日本から想いを馳せる。彼らの肉声が日本に伝えられることは少ないが、時折触れるその声に、今もなお、大いなる異和をわたしは感じてしまうのだ。

 

 やはり韓国とは、近くて遠い国なのかもれない。



(有料メルマガhttp://www.mag2.com/m/0001552211.html に掲載した記事に少し手を加えました)