東京地裁で行われている裁判、C-JeS側の準備書面に『週刊文春』(平成24年6月21日号)に掲載された、エイベックス松浦勝人社長と沢尻エリカのドラッグ(ハーブ)使用に関する記事が提出されていました。

 大方の予想通り、C-JeS側は「エイベックスのコンプライアンス基準」の矛盾について、突いたということでしょう。

 次回期日は7月24日。かなりスピードアップしています。


 有料メルマガ(http://www.mag2.com/m/0001552211.html)で、この裁判情報は随時伝えていこうと思っていますが、やはり無料でも読めるようにしなければならないと思っております。

 このブログでは、主に社会派・硬派系の記事を取り扱っていく予定ですが、文化・エンタメ情報の専門サイトもまた別に作成するよう、現在思案中です。

 ですが、この裁判はまさに「社会問題」であり、このブログでも広く伝えていきたいと思っております。